P-harp(ピー・ハープ)

来たるべき超健康社会へのチャレンジ

マルチエージェントAIシステムと
デジタルヘルスケアプラットフォームが
ヘルスケアマネジメントを変える

私たちは、将来確実に訪れるであろう超健康社会のために、
様々な英知を集めたプラットフォームが必要だと考えています。
それは未来のヘルスケアにとって不可欠なインフラであり、
病気の心配や苦しみから開放された豊かな生活を送ることができる
幸福な未来を目指す架け橋ともいえるものです。

P-HARP®について

P-HARPは、Precision Health Analysis Research Platform の頭文字を綴った略で、多くの英知を集める参加型プラットフォームとして機能し、高次元に稼働する有機的・能動的なプラットフォームの形成を目指しています。このプラットフォームでは、複数のAIシステムによる高精度の解析結果を素早く共有し、さらに多くのメディカルドクターや専門家、研究機関・医療機関などが参加することで、より早く、より精細な健康の可視化と健康増進へのアドバイスを個々人へ向けて可能にします。

私たちアクシオンリサーチは、来たるべき超健康社会を実現するためのチャレンジとして、「未病(罹患前の状態)」の解析を進め、病が進行するシステムを理解する事で、罹患に至る以前に各自の健康を改善し取り戻すための効果的なメソッドを、より多く見つけてシェアしたいと考えています。これまで病にかかってからでないと治療できなかった多くの疾病について、より早い段階でその傾向をとらえることができれば、病のない世界(World Without Disease)も決して夢物語ではないと考えています。

これまで個々に進められがちであった研究や取り組みも、その成果を共有するのみではなく、その過程や相互作用と結果を共有できれば、より多くのメリットが期待できることは想像に難くありません。そのためにも、私たちはあらゆる分野から、このプラットフォームへの参加を広く求めています。

P-HARP®がもたらす未来

私たちの国の医療費は43兆円を超え年々増え続けています。

病気になってからの治療には、肉体的、精神的、経済的に大きな負担がかかります。
私たちは病気になる未病状態に注目し、病気へ向かっている状態から免疫機能の増進や ストレスの軽減や解消による健康への回帰を進め、明るい社会生活の実現を目指します。

出典:国民医療費の概況(厚生労働省)

日本の医療費(兆円)

1995年 27%
2006年 33%
2017年 43%

医療機関・研究機関の膨大なデータを 利用蓄積し、疾病プロセスを専門AIが 高精度に解析・予測推定

リサーチコンプレックスでは、理化学研究所を中心に健康データとその解析を実施、製薬会社との協業により健常者データのレプリカ生成を個別に実施し、個々の健康状態と疾患リスクの可視化を展開しています。
このデータは数十万~百万人の実測データに近い健康基準データとなります。
病気と言われる疾患からの距離(疾患リスク)を定量的に可視化する事ができます。

疾病リスクを限りなくゼロにすることで明るく笑顔のたえない幸せな超健康社会を実現します

がんの発見は早期Stage Zero/Iでは5年後の生存率は80%を超える数値が報告されますが、発見Stageが遅くなるほど生存率が低下して、すい臓がんではStage IVの5年後生存率は1.4%です。
医師からがんの発見と同時に命の期限を知らされることは、本人や家族にとって幸せな生活の終わりを告げられることに等しい痛ましい現実です。
未病解析により、治療から予防へ舵を切ることで、疾患リスクを知り、生活習慣を改善することによって健康生活の維持・改善の機会とQOL継続を実現したいと考えています。

サンプルモデル(I)

  • 健康診断データ/バイタルデータ/問診データの提供
  • AXiREngine®にて解析を実施
  • ヒートマップ/トランジションMAPで健康の可視化
  • 過去/現在/将来の健康状態を認識する(予測推定含む)
  • 現在の健康レベルと疾患の距離が近い場合
    行動変容を促し、最適な健康状態に回帰する為の提案の検討と実行
    (希望者が癌化リスクや不安を感じた場合、miRNA/Exosome/ct-DNA精密検査を提案する。)

Contacts

アクシオンリサーチへのお問い合わせは
こちらからお願い致します。

Contact us
mail icon
© AXION RESEARCH INC. All Rights Reserved.