Company

Advisors


 

 

檜山 竹生

事業戦略上級アドバイザー

(無線通信・IoT 他)
(株式会社エイビット 代表取締役 CEO) 1985年に通信機器開発会社を設立し、PHSチップセット・ビジネスおよびLocal5Gのリーディングカンパニーで、日本の通信市場の多くを独占的にリードして大きな成功を収めている。また、複数の事業会社の社外役員及びスタートアップを支援しており、自らもその経験を活かす形で数社スタートアップ企業を設立。積極的に若い世代へアイデアとチャンスを提供しインキュベーションを実践する。

 

 

渡邊 恭良

技術戦略最高アドバイザー

(理化学研究所生命機能科学研究センター 健康・病態科学研究チーム チームリーダーM.D., Ph.D) C11等の同位体元素を利用した方法で、分子イメージングを進めており、鬱病・過労死・疾病(癌・成人病・他)と疲労の関係を生体内部のメカニズム解析する世界規模でのライフサイエンスの研究開発に大きく貢献している。今後、バイタルデータや呼気・皮膚ガス・血液・尿・汗・画像データ・細胞情報を総合的に集めて、グローバルに数値解析及びビッグデータ解析する事を目指している。

 

 

和田 智之

事業戦略上級アドバイザー

(理化学研究所 光量子工学研究領域 光量子制御技術開発チーム チームリーダー)近年世界的に問題となっている環境問題やエネルギー資源問題に、光技術を駆使して取り組んでいる。有毒ガス等の光学的遠隔検知システム、高エネルギー宇宙線観測に必要な大気情報を取得する大気モニター用リモートセンシングシステム、太陽光を直接エネルギー源としたレーザーシステム等の開発を推進する。さらに、バイオ、医療への応用としての光を利用した新しい生体センシングシステムの開発に取り組んでいて、ビッグデータ解析の為の測定技術開発に大きく貢献する事が期待される。

 

 

山中 直明

技術戦略上級アドバイザー

1983年にNTT研究所に入社、その後、特に優れた研究を行うスタッフとしてネットワークサービスシステム研究所特別研究員等を歴任し、米国電気学会(IEEE)のフェローを国内最年少で取得するなど、国内外で活躍。その後2003年に慶應義塾大学理工学部教授となり現職。通信ネットワーク、スマート社会、IoTデータプラットフォーム等の研究を行う。慶應義塾大学イノベーション推進本部スマート社会領域長として医工連携の推進を担当。400件以上の論文、国際会議、340件の特許(うち国際特許23件)を有する。

 

 

那珂 通雅

事業戦略上級アドバイザー

(ボードウォークキャピタル株式会社 代表取締役社長 実業家、エンジェル投資家)グローバル市場で経験を積み、志を同じくした金融プロフェッショナルと共に、独立系証券会社、ストームハーバー証券株式会社を設立。創業2年足らずして、史上最短で「The Banker誌」の2012年度Investment Banking部門における「The Most Innovative Boutique of the Year」を受賞?「世界で通用する日本人を一人でも多く創出したい。」これが今私が強く感じている思いです。

 

 

寺西 正登

HC戦略上級アドバイザー

1998年国際航業(株)入社後、GIS(地理情報システム)の官公庁導入に携わり、統合型GIS国内モデル都市を担当、その後、(株)サトー入社、バーコードやRFID等の自動認識技術を主としたソリューション提案に従事。2008年東和薬品(株)入社後、購買部門で製造設備機器、分析装置、医薬品包装材料の調達に従事するとともに、本社集中購買や社内基幹システム(SAP)導入に携わる。2019年より次世代事業推進部にて、スタートアップを中心とした新規事業創出に取り組む。東和薬品のヘルスケア分野での新たな事業展開に当たり、アクシオンリサーチ社との協業により、健康寿命延伸への貢献を目指す。